hananoco BAZAAR

装飾的輸入雑貨・生地の店

装飾的輸入生地・雑貨の店
ハナノコ バザール

キッチュキッチン・アウトレット入荷のお知らせ

売り切れていたKITSCH KITCHENのオイルクロスアイテム入荷しました〜
季節関係なく長くご愛用いただいているアイテムですが、撥水性のある素材とメキシコのカラフルレトロな色柄でこれからの季節にぴったりです。バッグはビーチバッグやアウトドアバッグにも◎部屋では収納バッグにして壁にかけてインテリアにも◎
f:id:hananoco_bazaar:20210416192228j:plainf:id:hananoco_bazaar:20210416192316j:plain

バッグインバッグ、人気のレッド・オレンジ・ピンクの暖色系カラー再入荷です。ブルー系もあります。
f:id:hananoco_bazaar:20210416192354j:plain
f:id:hananoco_bazaar:20210416192440j:plain

チルドレンズバッグはランチバッグ、お散歩バッグ、サブバッグに。花柄と水玉は完全完売でギンガムチェック柄のみ再入荷できました〜。狙い目はレアなブラウン×ホワイトです。ま、どのカラーもポップで可愛いですけどね。
f:id:hananoco_bazaar:20210416192528j:plain

現金払いが減った今、カードケース使いで身軽に!
f:id:hananoco_bazaar:20210416192606j:plain

Φ120cmnラウンドテーブルクロス、フォーティン柄のレッド新入荷です。パープルも再入荷したのですがすぐに売り切れました。インスタチェックしていただいてるのでしょうか。ありがとうございます。ピンクも追加で入っています!
f:id:hananoco_bazaar:20210416192718j:plain
メキシコの食堂の雰囲気楽しめます。

 

 

 

ボルミオリ・ロッコ

《Bormioli Rocco》
・ロックバー ラウンジ タンブラー 370cc - ピーチ色

f:id:hananoco_bazaar:20210403152434j:plain
全面強化ガラス/スタッキング可能なグラス。ボルミオリ・ロッコのスペイン工場の製造です。6個入り1ケース単品をセール価格で販売中。

強化ガラスの食器が粉々に割れたとか聞いたことあるのですが、うちには30年以上前からと20年弱前から使っている強化ガラスコップがあります。現役です。

f:id:hananoco_bazaar:20210403154403j:plain
左が30年以上前に親が購入したデュラレックス、右が20年弱前に私が購入したコップ。普通にお水やお茶を飲む時に使っていて、熱いものを注いだり電子レンジで使ったりしないから割れず長持ちしてるのかな?他の食器は洗い物の時とかに割っちゃうことよくあります。写真の1個ずつじゃなくてセット購入したそのままあります。透明の方はスレや小傷が目立ってお客さん用には使えないかなって感じですが、この先も割れるまで捨てることはないだろうなあと思います。

f:id:hananoco_bazaar:20210403155526j:plain
私物に挟んでみました。やはり新品は綺麗で輝きが違います笑。ボリュームのある370ccサイズで大きな氷も入るし缶ビールもマルっと注げます。色もレトロなピンクでおしゃれ。一緒に生活を積み重ねられるグラス、おすすめです。

 

ノマドランド

f:id:hananoco_bazaar:20210330010752j:plain

素晴らしかった。色んな感想が頭を巡ってるけど、ノマドランドの表現していること(自分が感じ取ったこと)にぴったり重なっているのはJ.R.Rトールキン指輪物語に登場するこの一編の詩。

'All that is gold does not glitter'

All that is gold does not glitter,
Not all those who wander are lost;
The old that is strong does not wither,
Deep roots are not reached by the frost.
From the ashes a fire shall be woken,
A light from the shadows shall spring;
Renewed shall be blade that was broken,
The crownless again shall be king.

J.R.R. Tolkien

光り輝く金ばかりではない
彷徨う者すべてが道に迷っているわけではない
丈夫な老いたものは枯れることなく
深い根は霜にも負けない
灰の中から火が起こされ
影の中から光が湧き出る
壊された刃は再生し
無冠の者が再び王となる

 
(訳はDeeplを利用)

 

ノマドフランシス・マクドーマンド、この二つのキーワードだけでこれは必見!と観てきたので、エンドロールの始めで、cast...フランシスマクドーマンドの次にリンダ・メイとスワンキーの名前が出て静かに大興奮。本物!?!?原作「ノマド 漂流する高齢労働者たち」があって(知らなかった!)そこで取材された実在の人物で、ていうかマクドーマンドとデヴィッド・ストラザーン(リンカーンの人!)以外の映画に出てくるノマドの人たちはみんな全員リアルのノマドの人たちが演じているんだそうで。脚本もどこまで創作でどこから本人たちの言葉かわからないけど、スワンキーの今まで出会った中での死んでもいいと思った光景(鳥)と再訪したい思いとその先の人生の終え方の選択を話すシーンは語りだけのだったけどすごい情景が浮かんで感動して泣いたし、タイヤパンクしたファーンにキレながらめちゃくちゃ親切に色んなこと教えてあげるシーンすごい好きだし、ボブ・ウェルズの抱えている過去を話すとき言葉より前に嗚咽が出てしまう瞬間とかあまり話したことがないっていうのがすごい表現されていてすごい役者さんだなあって思ってたら...ボブもヴァンライフを送るユーチューバーだった!クロエ・ジャオ監督の前作「ザ・ライダー」でも同じことを思ったけど、映画で描かれるその土地独自の文化や生き方に馴染みのない観客(私)にはドキュメンタリーにようにもみえるんだけど土地・自然・動物・人...映すもの全ての対象に徹底的にリスペクトがあってその美しさを理解して伝えてくれているから物語の中心にいる人物の心の動きとか生き方とかその尊さを説得力を持って感じ取れる。雄大な美しさや迫力を感じられる自然の風景の映像が素晴らしいのはもちろんなんだけど、風景が映っていない人物だけをクローズアップした場面でものすごく景色を感じる。ザ・ライダーも最後の二人だけのシーンで深く理解できてめっちゃ泣いた。へえ、こんな世界もあるんだねこんな人たちがいるんだね、の映画で終わらせないクロエ・ジャオ監督。あと、人がみんなやさしい。実際私も旅先のことで一番よく思い出すのはやさしく親切にしてくれた人たちのこと。ノマドランドのファーンはノマドに出る前に失ったのは夫だけじゃなくて仕事、家、郵便番号まで消されてしまった長年住み慣れた街。なんでそんなことが起こるのか原因は立場の弱いものから全て奪い取っていく資本主義社会の仕組みとか女性の雇用問題、女性の年金問題とかとか...。暗い気持ちにしかならい社会問題をベースにして「おかしいよな?」ってそこもきっちり描いてるけどそれに絡み取られない、人生を誰にも委ねない自分で操縦していく人たちのかっこよさを描いていてバランスがすごい。原作者の人がどうやってAmazonでの撮影を許可されたのかわからないって言ってたけど、Amazonは労働搾取してるんだけどノマドランドの人たちは遊牧生活にAmazon季節労働を利用しているようにも見えて、ただただ搾取されている人を描いてる作品ではないから許可したのかな。でもまあ人を使い捨てて莫大な利益を得てることは間違いない企業。

さえぼうさんのノマドランド評メモ書きに『デヴィッドと暮らすかもなタイミングがあったけど、人の荷物を勝手に持ち上げて底が抜けて大切なものを壊す、赤ちゃんを預けたまま戻ってこない、こんな人とは暮らしたくないとも思える』というようなこと書かれていて、確かに!と笑った。でもファーンも岩場のツアーで化石の説明中にソロリソロリと抜け出して一人勝手に動き回ったり(私もこのタイプ)、大腸憩室炎で入院したデヴィッドのお見舞いに「こういうのが良いでしょ」ってカップラーメンプレゼントするから、どっこいどっこい笑。

アカデミー賞でクロエ・ジャオ監督とフランシス・マクドーマンドはどんなスピーチするのかなあ。楽しみ。

 

新入荷・ヴィンテージ食器

最近入荷しました日本製のレトロ食器のご紹介。

●お茶碗/唐子(約W122×H58mm)f:id:hananoco_bazaar:20210312163004j:plain
唐子は日本特有の図柄ですが、色付きの味わいのあるソフトなタッチで描かれた中国風の髪型の子どもと花木に、どこかシノワズリの雰囲気があるお茶碗です。アジア料理が並ぶ食卓にもぴったりのデザイン。

●お茶碗/三色の花(約ΦW120×H56mm)
f:id:hananoco_bazaar:20210312163131j:plain
パープル・ピンク・ホワイトのポップな色使いが可愛い花模様のお茶碗。高台のゴールドラインがアクセントになっています。和食器・洋食器ともに相性が良く、日常使い用にもお客様用にも揃えておきたい茶わんです。
“唐子”も“三色の花”も軽くて持ちやすい磁器製です。

●グラタン皿(W210×D110×H37mm / 300cc)
f:id:hananoco_bazaar:20210312163207j:plain
薔薇の絵柄が入ったレトロな陶器の耐熱皿。しっかりとした厚みと重みがあります。内側面のフチには立体的な花模様が並んだ素敵なデザインです。3枚入りは外箱付き↓このパッケージデザインのラブリーさ、やばいですね。f:id:hananoco_bazaar:20210312163442j:plain
昔はグラタンといえばレストランで食べるものだったんですかね?
グラタン皿って少し深さがあってグラタン以外の料理の盛り付けにもちょうど良いサイズで、サラダやちらし寿司(ひなまつりの日に思いついた)、スウィーツやフルーツ、おつまみ系...耐熱なのでオーブン・レンジに放りこめるし便利で色々使えちゃいます。ベトナムの調味料ヌクマクにつけて焼いた手羽先を盛り付けてみました。

f:id:hananoco_bazaar:20210312163601j:plain

お茶碗もグラタン皿も日本製のデッドストック新品、掘り出しものです。料理や食事の時間がさらに充実する、今のデザインにはない個性的で味のあるレトロな食器をお楽しみください☆

 

これだけ行けないと食べたいベトナムごはん自分で作るしかなくなってきます。ヌクマク単品だとこんなに臭いこと初めて知りました...。クセークセー言いながら他の調味料と混ぜ合わせ、現地で出てくるタレと同じ味に。ならない...。もっと砂糖入れるべきなのかな。辛いのダメなので唐辛子は入れないけどちょっとは入れるべきなのか。画像の手羽先はヘルシーにと思ってヌクマムに漬け込んだ後、油なしで焼いたけどこれはベトナムの人のレシピ通りたっぷりの油で焼くべきだったと思う!揚げるように焼くと向こうで食べた味に近づける気がする!ていうか料理苦手なので自分で作るより現地で食べたい!ヌクマクまだこんなにも残ってる!!f:id:hananoco_bazaar:20210312163701j:plain

外でも食べてます。
f:id:hananoco_bazaar:20210312173431j:plain
恥ずかしながら献血初心者で気合入れて直前にこの食事取ってから行ったのですが、血液検査に引っかかり献血できない恐れがあるので直前に肉肉しい油多めの食事はダメです…。でも予約なしだったので待ち時間が長いこともあって無事検査クリアできました◎。一年半前の貧血時のヘモグロビン値が倍になってたのは良かった。400cc採れました。

 

 


 

ヘアドネーション

はじめてやってみました、ヘアドネ。略して呼んだりされてるもんなのかも知らない程度の認識でヘアドネーション対応可の美容室行って、てっきりカットして寄付先に発送までやってくれるんだろうと思ってたら、「ヘアドネーションできるのって何センチ以上でしたっけ?」と聞かれて「(え、知らんの...?)31センチ以上だったと思います」と答え、ザクザク切ってもらい輪ゴムで小分けにまとめてもらい(手順が違う/本当は先にゴムで束ねてからカット)「持って帰る袋あります?」と聞かれ、そこで自分で送るもんなんや...って知りました。持ち歩いてるエコバッグならあると見せたら髪の毛を直接そこには...とビニール製のショップ袋に入れてくれました。仕上がりのカットは顎の長さでって伝えて左側はちゃんと顎より少し下で切ってくれたけど、おしゃべり美容師さん話しながら右側はほっぺあたりでざっくり切って気づいてるのか気づいてないのかおしゃべり続行。気のせいかな...と思おうとして鏡の自分を凝視すればするほど見事なアシンメトリーで心の中でキレました。でも時すでに遅しで諦めも早いからすぐどうでも良くなったけど、寄付する髪の長さは長ければ長いほどいいみたいで右側の毛束40cm弱あったから、最初から失敗された長さで頼んでいれば、もしくは先に切った左から失敗してくれてればもっと長い髪を多く渡せたのに〜ってそこはもったいないことしました。やっぱり何事も事前にしっかり調べてからにしないとな...。ロン毛の人は抜け毛をストックして寄付する方法もあるみたいです。しっかり長さのある毛髪だけ渡せるから確かに無駄がない。でもかなり根気が必要だろうからすごい。

f:id:hananoco_bazaar:20210310131933j:plain
ヘアドネーションの活動しているNPO団体はいくつかあって、その団体と提携している美容室ではカットして発送までやってくれるところもあるみたいです。私が今回送った寄付先は大阪のJapan Hair Donation & CharityHEROもいいなと思ったので次は...。また伸ばせるかな?久しぶりにバッサリ切ったらシャンプーもドライヤーも楽で楽で!ちょっと首周り寒いけどとにかく楽!掃除も楽!でも美容室苦手な性格だからまたすぐロングに戻ってそう!

 

あー早く南の方へ行きたい。

 

 

ソン・ランの響き

f:id:hananoco_bazaar:20210217213603j:plain

最近トリップできる映画を選んで観てます。直近だと、天国にちがいない(ナザレ)、ラフィキ(ケニア)、エミール・クストリッツァ監督の愛と闘争の男ホセ・ムヒカ(ウルグアイ)、どれも全部良くてハズレなし!「天国にちがいない」旅中の私ほぼあんな感じなのでエリア・スレイマン監督と同化鑑賞。大好きな作品です。その流れで気になってたベトナム映画の「ソン・ランの響き」ベトナムへ行けない今、観たいのピークが来ました。内容よりちょっとでもベトナム文化に浸れたらいいなという気持ちで再生したところ、はじめから映像と音、全部に持っていかれて好き好き好きが溢れて終始心がきゃあきゃあしてました。市場の雰囲気、気怠そうな店番の女の子、バイクのクラクションとともに動き出す朝、捲し立てるベトナム語、ドーボーを着こなすおばちゃん、道端バイクの上で昼寝するおじさん、屋台のごはん、流しの歌手、スナック菓子代わりのフルーツ、パジャマでお出かけする人、古くてボロボロだけど素敵な建造物、ラジオから流れるベトナム謡曲、グチャグチャに束ねられた電線、全部洗い流すスコール、、、80年代のホーチミンのお話ですが私の知ってるベトナムが全部詰まってて、監督!ありがとう!!てなりました。ベトナム人監督だけどアメリカに住んでいるようで、外からの視点でのベトナムの良さも映し出されてるんだろうなと思います。それに、観た人はみんな気づくと思いますが、王家衛の影響めちゃくちゃ受けてますよね!この監督!ブエノスアイレスのオマージュというかそのまんまなところがありますが、ベトナムの伝統楽器やベトナムの現代大衆歌舞劇カイルオンが物語の中心にあるのでやはりベトナム映画としてオリジナリティがあります。ネタバレですが、振り返ると幸せな時間はあのひと晩だけで会話(と音楽)でギュッと近づく感じ、ビフォアサンライズ味もあると思いました。まあ、Song(二人の) Lang(男)←(楽器名と二重の意味があるってすごい!)に続編はないですけど...涙。

f:id:hananoco_bazaar:20210217222615j:plain

f:id:hananoco_bazaar:20210217222824j:plain

f:id:hananoco_bazaar:20210217222852j:plain
余韻・・・。

それにしてもユン役のリエン・ビン・ファットさんとリン・フン役のアイザックさん、二人ともめちゃくちゃかっこいいですね。インスタ見たらファットさん役柄と違ってイケイケでちょっと引きました。アイザックさんのインスタいいですね。

f:id:hananoco_bazaar:20210217223204j:plain
見覚えのあるのれんが.....うちでご購入いただいた皆さん、アイザックさんの祖父母の家とおそろいですよ!

あと!ユンの彼女の髪型が矢沢あいの漫画に出てきそう!80年代はベトナムもこんな感じだったんだなあ。

f:id:hananoco_bazaar:20210217223706j:plain
食堂も可愛いですよね。監督と握手したい。
とにかく私の好きなベトナム100%映画でした!


他にも、この映画のプロデューサーで俳優のゴ・タイン・バンさん(シャーリーズセロンとオールド・ガードで共演してるんですね!)主演の「ハイ・フォン」とか「Goodbye Mother」とかもっとベトナム映画観たいと思います。

 

 

レトロな日本製食器

f:id:hananoco_bazaar:20200811151532j:plain

コロナ禍でいつまで経っても渡航できないこのご状況…とうとう日本の食器問屋さんからノスタルジックでレトロキッチュなアイテムの発掘をはじめました!
陶磁器を扱う食器屋さんで眠っていた(宝)メイドインジャパンのデッドストック品で、経年の風合いを感じ場合もあるかもしれませんが全て新品です。

f:id:hananoco_bazaar:20200811152859j:plain
画像のとおり、フリーダ・カーロも使いそうなデザイン。テーブル下の台湾のカッティングシートともメキシコのオイルクロス(kitschkitchen/テーブルクロス)とも相性抜群。花絵入りはベトナムタイの市場の食器屋さんにもありそうなお皿。日本の食器を手にしてベトナムやタイを想う最近の精神状態……まあ、昭和レトロと東南アジアのローカルに通じるものがあるという嬉しい出会い、新しい発掘ということです!

f:id:hananoco_bazaar:20200811153823j:plain
左上から時計回りに…

△こんな可愛いデザイン見たことない!な、“HOYA”のカップ&ソーサー(在庫限り/再入荷不可)。

△レトロなチューリップとバラの花模様の30cmオーバル皿はハンバーグとか洋食にぴったり。

△グリーンの縁ラインが素敵なブーケ柄26cm大皿もオーバル皿と同じ、“Sone China”製品。

△ソフトなパープルカラーandリーフ模様の縁取りと立体的に波打つ縞模様がシンプルながらも印象的な大皿。ワンプレート皿として適当に盛り付けても映えます。有田焼の“華峰”というブランド。

※すべてデッドストック品で、とくに“HOYA”のカップ&ソーサーは希少です。
※皿はどれも重みがあります。
オーバル皿は金ライン入りなので電子レンジ/オーブン不可です。

日本製品ですが当店セレクトの輸入雑貨と相性が良デザインで日常使いとインテリアのムードアップに重宝するアイテムです。ぜひ各商品の詳細をチェックしてみてください!